自宅でもできるニキビ跡への対処法について

とにかく洗顔は大事にしよう

ニキビができてしまった際には、ニキビ跡が残ってしまう可能性があります。これらは適切にケアをしないと一生ついてくるものになってしまいます。まず、このニキビ跡への対処で一番重要なのは洗顔です。洗顔をする際にはぬるま湯を使いましょう。熱すぎると皮脂を落としすぎてしまい、逆効果となります。そして、手を濡らして洗顔料を泡立てましょう。泡立てずにそのまま顔を洗うと、肌を傷つける原因となります。そして、顔は優しく洗ってください。最後に洗顔料をしっかり落とすために顔をすすいでください。このすすぎは大体20回程度行えばいいですが、自分がいいと思ってからさらに10回すすぐようにするといいです。洗顔をきちんと行うことで、ニキビ跡を治すことができます

そもそもニキビ予防から

ニキビ跡を手入れしたり治すことは非常に重要ですが、それ以前にニキビ予防をしておけば、ニキビ跡に悩まれることもありません。ニキビ予防で気を付けたいことは、規則正しい生活です。睡眠時間や食事など気を付けることは様々です。また、思春期ニキビの場合、早めに医療機関での治療をしましょう。早期の治療がニキビを治すことにつながります。さらに、ニキビ跡を治すための洗顔方法はニキビを予防するためにも使えます。ニキビ跡を治している最中にまたニキビができてしまったら、いたちごっこ状態となってしまいます。ニキビ跡を治すために一番効果的なことは、これ以上ニキビを増やさないようにすることです。

ニキビ跡の治療は症状によりますが、内服薬、外服薬による保険適用内とケミカルピーリングやレーザー治療、皮膚移植などによる保険適用外の方法があります。