辛いダイエットはしたくない!簡単に脂肪がなくなる脂肪溶解注射

脂肪溶解注射って安全なの

脂肪溶解注射とは、脂肪に注射で直接薬剤を注入することで気になるところの脂肪を溶かしてしまう施術方法です。脂肪を溶かすと聞くと副作用はないのかと心配な人もいるでしょう。この脂肪溶解注射での副作用としては、腫れやむくみ、内出血、筋肉痛のような痛みなどが報告されています。また、人によってはアレルギー症状を引き起こすこともあるようです。副作用を見ると、やはり危険性があるのではと思う人もいるかもしれませんね。しかし、この脂肪溶解注射で使われている薬剤の主成分は大豆から抽出されたレシチンです。そのため、副作用も少なく、安全性が高い施術方法と言われています。

どんなメリットがあるの

この脂肪溶解注射には様々なメリットがあります。まず挙げられるのが、短時間の施術で終わるということです。この施術では、ただ注射をするだけなので短時間で終わります。仕事帰りでも手軽に受けられる施術方法です。この施術を1~2ヶ月に1回受け、3~5回程度の施術で効果を実感することができます。通常のダイエットでは、毎日食事制限や運動をする必要がありますが、脂肪溶解注射なら短時間の施術を月に1~2回受けるだけで脂肪を落とすことができます。その他にも、脂肪細胞を減らせるのでリバウンドが少ない、気になる部分だけの脂肪をなくすことができるといったメリットもあります。今までダイエットをしてもいつも失敗をしていた、楽して気になる部分の脂肪だけを落としたいと考えている人に最適な施術方法です。

脂肪溶解注射は脂肪が気になる部分に皮下注射を打つだけで、脂肪を溶かし体外に排出させるという美容法です。しかし内出血や腫れが残ってしまうという危険性もあります。クリニック選びには十分な注意が必要です。