どれが一番?痛みはある?脱毛法のいろいろ

カミソリでは毎日の手入れが大変

ツルツル、すべすべのお肌を手に入れたいとは女性を中心に多くの人が思うところですが、むだ毛の処理法にはさまざまな種類があります。

最も簡単な処理法はカミソリで剃ってしまうというものですが、言うまでもなく剃られた毛はすぐに伸びてきます。そのため、毎日手入れをしなければなりません。もう少し長持ちする方法はというと、やはり「脱毛」ということになります。

脱毛にはさまざまな方法がある

脱毛にもまたさまざまな種類があります。大まかには「自分でやるかプロに任せるか」「痛いか痛くないか」「費用が安いか高いか」「効果が短期的なものか長期的なものか」といった分け方ができますが、実はこれらはいずれも対応関係にあります。つまり自分でやる脱毛は痛みが少なく安上がりだが、短期的な効果しかありません。その一方でプロの脱毛は痛みがあって費用もかかるが、その分効果が長持ちします。

自分でできる手軽な脱毛

自分でやる脱毛の中でも非常にポピュラーなのが、ムースやクリームを使った脱毛です。また、テープを肌に貼り付けたりワックスを塗って固めたりした後、一気に剥がすことで毛を抜くというやり方もあります。これらは痛みがまったくなかったり軽かったりしますが、効果は一時的です。たとえばひと夏であれば、数回程度処理を繰り返す必要があります。

プロの脱毛は効果の高さが特徴

一方、プロの脱毛とは、クリニックや美容サロンで施術を受ける脱毛法です。具体的には、ニードル脱毛・レーザー脱毛・光脱毛などの方法があります。いずれも施術時にけっこうな痛みを伴いますが、非常に高い効果があります。場合によってはまったく再生しなくなることもあります。ただし1回に処理できる量が限られるので、数か月にわたって通う必要があります。

足やVIOラインの脱毛のように、えりあしの脱毛も可能です。えりあしは自分では見づらい場所であるので、美容クリニックで脱毛の施術を受けることをおすすめします。

サロン脱毛でツルスベ肌に!どんな方法で脱毛するの?

身近になったサロン脱毛

最近は、数多くの脱毛サロンが増え、多くの女性が施術を受けるようになっています。脱毛する人が増加している理由には、美容意識が高まっていることともに、脱毛の施術方式が変化していることも挙げられるでしょう。

かつては針を毛穴に刺して毛根にダメージを与えるニードル脱毛が行われていました。これは強い痛みを伴い、時間も費用もかかる方法でした。現在では光脱毛が主流となっています。これは特殊な光を肌に当てて皮下の毛にダメージを与える方法です。ニードル脱毛と比較すると、痛みも少なく時間も短縮され、費用も安くなり、施術を受けやすくなりました。

光脱毛にはこんな種類があります

ひと言で光脱毛といっても、いくつかの方式があります。もっとも主流なのはIPL方式と呼ばれる方法です。これはメラニン色素に反応する光を照射して、特に黒い毛根に熱ダメージを集中させることで脱毛を促すというもの。毛には休止期・成長期・退行期というサイクルがあり、このうち成長期の毛に最も効果があるので、施術も毛が成長期に入るのを待って行います。そのため施術ペースが2~3か月に1度となり、全身脱毛は完了まで2~3年と時間がかかるのがネックです。またメラニン色素の薄い産毛などはあまり効果がないことも。

最近では、このIPL方式の欠点を克服した方法として、SHR方式が注目を集めています。これは毛根ではなく、発毛因子をつくり出すバルジ領域という部位にダメージを与えて生えなくする方式。毛周期に関係なく施術できるため半年から1年程度で脱毛が完了します。またどんな毛質にも対応できます。早く脱毛を完了させたい人、毛が細くて従来の方法ではあまり効果の無かった人などにおすすめしたい方法です。

上野の脱毛では、駅から近いサロンを選べるため、脱毛完了までスムーズに通える他、ショッピングの合間などに立ち寄ることも可能です。

意外と知らない?健康診断の予約の取り方を紹介

受診したい病院に事前に問い合わせておくのが一般的

健康診断を受けたい場合、通常はまずはじめに受診したい病院に健康診断を受けられるかどうか確認します。特に受けたい検査の内容によっては対応できない病院もあるので、健康診断で受ける検査の内容を伝えておくのが大切です。

そうして特に問題なく受けられると返答があれば、あとは自分と病院の都合が合う日で予約を取れば問題なく受けられます。ちなみに問い合わせは電話で問題ありませんし、健康診断は検査内容によっては1日がかりで受けなければいけないので1日余裕がある日を選ぶのがおすすめです。

予約を忘れたら当日でも可能

もしも病院に連絡をとる時間がなかったなどの理由で予約が取れなかった場合は、当日に受付で健康診断の申し込みをすることも可能です。

ただしその場合は受けられない検査があれば別の病院で受けなければいけませんし、基本的には予約している人が優先されるので時間がかかってしまう可能性があります。そのため予約を忘れてしまった場合は別の日取りで予約を取るか、1日がかりになるのを覚悟して受けるようになります。

職場の健康診断であれば職場が予約を取る場合も

一般的な健康診断のほかにも、仕事をしている人は職場の定期的な健康診断が設定されています。企業によっては自分たちで予約を取るところもありますが、大きな企業の場合は事前に企業側で指定されている病院に予約を取ってくれている場合があるようです。

この場合は予約されている日時と病院で検査を受けるだけでいいので、必要な書類などを持参して受付に行くだけになっています。自分たちで予約を取る場合は企業の健康診断である旨を伝えれば、提携しているところであればスムーズに予約が取れます。

健康診断なら千葉県の多くの病院で受診することが可能です。健康診断を標榜している病院に行くとスムーズに受診が可能で血液検査などができます。

腋毛を抜く時の悩み!?利き手の逆方向の腋毛を抜くのは難しい

毛抜きを使う人の場合の悩み

毛抜きを使って腋毛を抜いている女性の方なら知ってる人も多いかもしれませんが、右利きの方だと毛抜きで右の腋毛はスムーズに全部抜く事ができても左の腋毛をスムーズに全部抜くのは難しいです。左利きの方は逆に右の腋毛が毛抜きでうまく抜けません。女性向けのエステも色々ありますが、人によってはそこまで行く時間やお金がない人もいるので、そういう人はやはり原始的な毛抜きに頼ってお風呂や洗面所などの明るい所で腋毛を1本ずつ丁寧に抜いている事が多いです。女性の90パーセントくらいは右利きですので、毛抜きを使って腋毛を抜いている女性のほとんどの人が左の腋毛がうまく抜けなくて困っていると言っても過言ではないです。

利き手の逆方向は慣れる事が大切

毛抜き愛用者の女性は脱毛エステなどが嫌いな人も多く、原始的に毛抜きで何度も腋毛を抜いて毛根を死滅させた人もいます。しかし、これはかなり根気が要る作業になります。個人差もありますが、ほとんどの人だと腋毛を100回くらい抜けば腋毛の70%くらいが死滅しますね。元々毛の薄い人だと50回くらいで70%以上死滅する事もあります。逆に元々毛深い人だと100回抜いても20%も死滅できないかもしれません。ただ、原始的に毛抜きだけで抜いて薄くする場合はとにかく何度も抜いた方がいいので日常的に腋毛を抜く癖をつけておいた方がいいですね。利き手の逆方向の腋毛を抜くのは誰でも少しやりにくいですが、これも慣れればそれなりにうまくできるようになってきます。抜きやすい方ばかり抜いていると片方の腋毛だけ薄くなり不自然になるので、やはり抜く時は両脇ともしっかりと抜いておいた方がいいです。

永久脱毛を新宿のサロンでしたい場合、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛、ケミカル脱毛などがあります。

シワ取りだけじゃない!ボトックスでキレイになる

プチ整形ならメス不要

最近は美容整形に関心を持つ人が増えてきましたが、中でも人気が高まっているのがプチ整形です。

プチ整形とは、大がかりな外科手術などをすることなく、簡単な施術だけで美容効果を上げることのできる技術です。キレイになりたいけど、身体にメスを入れられるのはちょっと不安、という人でも比較的気軽に受診できると評判です。

このプチ整形における代表的な存在と言えるのが、ボトックスです。

ボトックスとはどんなものか

ボトックスは、ボツリヌス菌という細菌から作られた薬剤です。といっても毒性があるわけではなく、成分自体は無害なタンパク質です。

このボトックスには、アセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質の働きを局所的に阻害する作用があります。つまり、筋肉に注射するとその部分だけ脳から筋肉に対して発せられる「動け」という指示が伝わりにくくなるわけです。これを利用したのが、プチ整形としてのボトックス注射です。

表情ジワの解消に効果

ボトックス注射は、主に「表情ジワ」と呼ばれるシワを目立たなくするのに利用されます。「表情ジワ」とは、笑った時にできる目尻の小ジワや、顔をしかめた時にできる眉間の縦ジワなどのことをいいます。

こうした「表情ジワ」のできやすい部位にボトックスを注射すると、その部分の筋肉の動きが鈍り、収縮しにくくなります。そのため、顔をクシャッっとさせてもシワが目立たなくなるのです。

顔やせ・足やせも目指せる

ボトックスは、シワの解消以外にも利用されています。たとえば、あごの筋肉が発達し過ぎてエラが張った状態になっている場合は、顔の輪郭に沿って注射することで筋量を落とし、小顔に見せる効果が期待できます。同様に、ふくらはぎの筋肉を減らして足を細く見せたい場合にも用いられることがあります。

ボトックスは、主として美容医療に用いられる薬剤です。神経の働きを部分的に麻痺させる作用があり、筋肉の収縮を抑えて笑いジワなどを目立たなくする効果があるとされています。

 

VIO脱毛はやるべき!?VIO脱毛のメリットとデメリット

VIO脱毛は、どの部位の脱毛なの?

女性の間で話題にあがるVIO脱毛とは、どの部位の脱毛を意味しているのでしょうか。

VIOとは女性のデリケートゾーンであるVライン、Iライン、Oラインの総称であり、この部位をまとめて脱毛することをVIO脱毛と言います。エステサロンによってはハイジニーナ脱毛と呼ぶこともあります。

そもそもハイジニーナという言葉は、「衛生」を意味する「hygiene」という単語から誕生したものです。デリケートゾーンは蒸れやすく、不衛生な状態になりやすいと言われています。しかしながらアンダーヘアを無くすことで、衛生的な状態へと導くことが可能です。

ハイジニーナ脱毛という言葉には、デリケートゾーンのムダ毛を無くして清潔な状態にしよう、という意味合いも込められているのですね。

VIO脱毛のメリットとデメリット

ハイジニーナという言葉にもある通り、VIO脱毛の大きなメリットは、女性のデリケートゾーンを清潔に保てることです。ムダ毛が無くなることで通気性が良くなり、雑菌の繁殖も防げます。また生理の時に発生するにおいやかゆみについても、軽減されるケースがあるようです。

またアンダーヘアを綺麗に処理することで、ファッションの幅が広がります。普段身に付ける下着の選択肢も増えますし、夏に海やプールに行く時、お洒落な水着を選べるようになります。

さらにVIOラインは、ムダ毛の自己処理が難しい部位です。デリケートな部分だけに、慎重に処理をしなければなりません。そのような部位を、プロのエステティシャンが安全に脱毛してくれるということも、重要なメリットだと言えるでしょう。

VIOライン脱毛とは、デリケートゾーン周辺の脱毛のことを指します。最近では、若者だけでなく年配の方が介護を受けるためのエチケットとして施術をうけることも増えてきました。